メールアドレス収集ソフト、DM一括送信ソフト販売 ビジネスアシスト社
DMとスパムメールの違い

トップ > eビジネスTips > 安全なDM送信法
> DMとスパムメールの違い

DMとスパムメールの違い

特定商取引法によるスパムメールの規定

DM(ダイレクトメール)とスパムメール(迷惑メール)は全く異なる物です。
2002年7月にDM送信時のスパムメールとの区別化として特定商取引法で件名の前部への「未承諾広告※」の表示、本文前部に名前及び連絡先メールアドレスの記入が規定されました。
そして、この特定商取引法に沿っているものをDM、違反しているものをスパムメールと呼びます。

Windowsの開発元Microsoftによってスパムメールの定義が分かりやすく解説されていますので引用させて頂きます。
「迷惑メール」とは、受信者の承諾なく送られる宣伝広告メールのうち、法律に定められた形式を守らずに配信されるものを指します。「スパムメール」と呼ばれることもあります。

「受け取りたくない」とあなたが思うメールのすべてが、迷惑メールに該当するわけではありません。例えば、自分で以前に配信を希望したものの、今は受け取りたくないと思っている企業からのメールは、迷惑メールとは呼びません。また、承諾を取らずに配信される広告でも、件名に「未承諾広告※」の表示をつけるなど、法律で定められた書式で送られているものは、迷惑メールとは呼びません。 http://safety.msn.co.jp/antispam/mail/index.html

DMとスパムメールの違い
違法なスパムメールを送ってしまった場合は 経済産業省から特定商取引法に沿ったメールを配信するよう指示を受けます。 そして、その指示に従わなかった場合には、100万円以下の罰金という罰則が適用されます。

以上が特定商取引法による規定です。 ただし、2002年7月に規定されてから2年以上経っていますが、スパムメール送信で特定商取引法違反によるものでは現在までに逮捕者はありません。 有名無実化していると言っても過言ではないでしょう。

だからと言って、法律に違反したスパムメールを意図的に送信することは弊社としてはお勧めできません。
世の中の宣伝メールが合法なDMのみになるのが弊社の願いです。 間違えてスパムメールを送ってしまう人を少しでも減らせるよう、弊社では特定商取引法に沿ったDM文例のサンプルを公開させて頂くことにしました。 初心者などで、DMを送ったつもりがミスでスパムメールになってしまったらどうしようと思って今までDMをためらっていたお客様も安心してDMをご利用下さい。 こちらを参考にして配信頂ければ万全です。

関連ページ

安全なDM送信法に戻る

ご注文手順 | 特定商取引に関する法律に基づく表示
会社概要 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンクと著作権について | サイトマップ